繁盛飲食店に学ぶ!!

2012.05.25

企業様向け集客に成功!台湾家庭小皿料理『青龍門』!!
~半径○㎞以内の法人客をゲット!『満席FAX』の地域限定DM!!~

 

株式会社リーブラズが経営する「青龍門」は、首都圏に4店舗を展開する台湾家庭料理の店です。数多くの料理を楽しんでいただけるような、ボリューム感のある小皿料理を提供するのが特徴です。また食事が充実したレストラン形式の店舗でありながらアルコール比率が3割と高め。4店舗それぞれにコンセプトがあり、雰囲気の良さやこだわりがしっかりとしているのも特徴と言えます。

 

【池袋店 青龍門】

池袋店.png

 

テーマは『神秘的な城』で、中国福建省の集合住宅『土楼』がコンセプトです。中央には人々が集う、大型の丸テーブルがあります。それを囲むように並ぶ半個室のプライベート空間でゆっくりとお食事ができるのが特徴。

http://r.gnavi.co.jp/e892400/

 

 

 

【イクスピアリ店 青龍門】イクスピアリ.pngのサムネール画像

食の時間を豊かにする台湾家庭小皿料理。
本場台湾の味をベースに開発された台湾家庭小皿料理を豊富に取り揃えています。“一軒の謎めいた台湾の民家”をコンセプトにした青龍門ならではの雰囲気を存分に味わい、くつろいで頂けるレストランです。

http://www.libraz.co.jp/restaurant/seiryumon-ikspiari.html

 

【横浜みなとみらい店 青龍門】

横浜店.png

 

横浜外国人居留区の地下鉄をイメージした店内では、レストランの概念を覆すような大胆な演出が!薄暗く妖しげな灯りが揺らめく入り口の先には、古い地下水道が現れます。謎めいた地下水堂の痕跡残る奥のトンネルや廃管からは、地鳴りと共に蒸気が噴き出し、電球が点滅。その他にも古い坑道がモチーフの個室など異次元空間の魅力がいっぱいです。

http://r.gnavi.co.jp/e892401/

 

 

【丸の内 CITA・CITA】丸の内店.png

欧米人の憧れた理想郷"秘境の国々アジア"がテーマのレストラン。タイ、ベトナム、インドネシア、中華などのアジアンテイストを、本場より招聘した厨師が独自の技法で表現するインターナショナル・アジアン・キュイジーヌをご賞味頂けます。本格的なお料理のほか豊富なワインセレクションとデザートもご用意しております。

http://r.gnavi.co.jp/g763318/

 

販売促進のために取り入れているサービスとその効果について、株式会社森部高明さんにお話をうかがいました。

 

集客アップのために、ご利用されているサービスを教えて下さい。

FAXで企業にDMを送り営業をする、『満席FAX』というサービスを行っています。法人様限定で、主に宴会向けに最適です。しかも、今までに成果実績のある書式を応用したFAX原稿作成もサービスに含まれるので、原稿を考える必要もありません。

 

≪近隣企業から集客を狙う!≫

池袋店、丸の内店を中心に、店舗はオフィス街にあります。「お店から半径○㎞以内まで」と距離を決めてその範囲の企業に案内できる点が良いと思います。手間をかけずに、しかも一瞬で何千社単位の企業へ営業ができるのです。

 

≪リピーター狙いにも!≫

店の知名度はあるので、お店の存在は知っていただいているようです。ですから、FAXDMをお送りすることで青龍門の存在を思い出し、もう一度足を運んでいただくための効果もあります。

 

いつから満席FAXを利用していますか?またどの時期に利用するのですか?

2010年9月から利用を開始して、2年半ほどになります。集客が一番弱い2月、8月、9月あたりに利用させていただいています。

 

集客の効果はいかがですか?

一度のFAXする件数が4000件だとすると、360名くらいのお客様が来店されます。つまり、それに対しての回収率は、横浜で8.5~9%、池袋で5~6%という効果が見られます。試しにイクスペアリ店で2000件のFAXをしたところ、回収率が6%となりました。利用するたびに効果を実感することができます。

 

≪『満席FAX』×『ぐるなび』の相乗効果!≫

いろいろなサービスを試しましたが、現在は『満席FAX』と『ぐるなび』のみを利用しています。お客様は『満席FAX』を見て、さらにぐるなびで調べて来店するというパターンが多く、お互いに相乗効果があります。ぐるなびのPV数が自動的に上がっているのも、『満席FAX』のおかげです。

 

店舗経営において、森部社長が大切にしていることは?

「人」「物」「お金」の中で、「人」の存在が一番大切なものだと考えます。店舗でいえば、人材育成が重要になってくるわけです。どこの店舗でも通用するような、またいつでも独立して店舗を任せることができるような人材を育てたいですね。

 

≪向上心を持ったカリスマ的な人材を!≫

「ここで修業すれば、あの先輩のように立派になれる!」そんなカリスマ性があり、従業員に夢を持たせることのできる職場であるべき。それが必然的に、良いお店づくりに結びつくと思うのです。

 

株式会社リーブラズ

http://www.libraz.co.jp/index.html

 

『満席FAX』についてはこちら

http://www.inpronet.jp/search/21/cat272/1246.html