繁盛店の基礎知識

株式会社ゑの木 榎本憶人

ガイド:榎本憶人ガイドへの質問

経歴
株式會社ゑの木 代表取締役
東京商工会議所足立支部
足立区新ご当地グルメ創造プロジェクト実行委員

プロフィール
・1977年:浅草生まれ浅草育ち。
・1993年:アルバイトとして飲食業界に入門。
・1997年:東急ホテルでフレンチ入門から始まり、
      都内の飲食業を渡り料理修行。
・2001年:包丁1本で渡米、
      East Boy,incにてNJとNYにてchefとして勤務。
・2003年:Hilton hotels JamaicaのRestaurant Japanで
     寿司職人を経験。
・2005年:帰国後、SUNTORY入社しスーパーバイザーとして
      飲食コンサルタントを99店舗遂行。
・2010年:株式會社ゑの木起業。【コンサルタント事業】
・2011年:ゑの木の館【ゑの木れすとらんゑの木小間物屋
      エステティックサロンHackberry】を開店。

賞歴
・武蔵野調理師専門学校の料理コンクール金賞受賞。
・East Boy,incのappetizerコンテスト準優勝
・東京都主催の料理コンクール優秀賞二年連続受賞(第1回、第2回大会)
・足立区主催の創業プランコンテストで奨励賞受賞(飲食業で初受賞)
関連サイト
株式會社 ゑの木 ゑの木の館
ゑの木facebookブログ
写真

2012.06.26 食材活用

地産地消と日本の自給率

【地産地消と日本の自給率】
 
◆地産地消とは
地産地消という言葉を耳にした事ある方は多いと思います。誤解をしている場合があるので、正式な意味を紹介します。「地産地消」とは「地域生産地域消費」の略で、その地元で生産された様々な農林水産物などをその地域で消費することです。
 
誤解を招くパターンとしては、都内で営業している店が、〇〇県〇〇漁港直送などを「地産地消」と謳っている場合があります。これは意味の取り違いになり「産地直送」ではあっても、「地産地消」では決してないです。
都内であれば東京産、北海道であれば道産、といったその地域の生産物をその地域で消費することです。
 
・メリットとデメリット
地産地消といえども良し悪しもあります。メリットは「鮮度の良さ」「新鮮なので旨味や栄養素が抜けない」「伝統技術の継承」「地域の活性と愛着」。
デメリットは「低品質、低価格の外国産などにより高価な為取扱いに疎遠がち」「誤解からブロック経済などに繋がってしまう可能性が生じる」などの事柄があります。
 
ゑの木②-1.png
 
◆国内自給率
国内自給率という言葉は飲食業界に携わっている人ならば一度は聞いたことがあると思いますが、国内自給率の現状を知っている方はどの位いるのでしょうか?
多少の物議も醸していますが、正規な農林水産省の平成23年発表した結果数値です。
・食料自給率(カロリーベース) 昭和40年73%→平成22年39%
・食料自給率(生産額ベース)  昭和40年86%→平成22年69%
生産額は米があるので17%の下落に済んでいます(それでも下落は下落)。カロリーベースでは約半分といっても過言ではない位の下落で40%を切る状況になってしまいました。
 
-2ゑの木②.png
 
◆未来へ
先進国の中では断トツの最下位。半世紀も経たずに30%以上の下落は世界でも類をみない散々たる結果を招いてしまいました。このままのペースで下落が続くと孫やひ孫世代の時は100%輸入って事にもなり兼ねません。政府やマスコミも危機感を感じ、取り上げ始めているが、まだ満足する結果には及ばないのです。今後の日本にとって自給率は大きな課題である、それを黙ってみていても中々進まないです。飲食業界に準じているからこそ、食の深刻問題には目を背けないで向き合う必要があると思いませんか?是非一人でもそう思われる方がいたら、施策に繋がる行動を起こして下さい。
色んな活動があると思いますが、当社では東京足立区に所在しているので、足立区産を中心とした都内産食材を活用した新感覚とうきょう郷土料理を提供するなどの特に少ない東京の農林水畜産業向上へ繋がる啓蒙活動を行っています。これが最善とも思えませんし、他にも色んな活動の仕方などあると思います。個店などだと微力かもしれないけど、個々のパワーが集まると大きなものになります。日本各地の飲食業界で日本の食を守って行きましょう。明るい未来の為にも。何らかの活動結果を出せることができましたら、是非教えて下さい。
 
ゑの木②-3.png
 
※ご拝読ありがとうございます。次回は「0円での販促活動」の話をいたします。
 
株式會社ゑの木 代表取締役 榎本憶人