繁盛店の基礎知識

株式会社ゑの木 榎本憶人

ガイド:榎本憶人ガイドへの質問

経歴
株式會社ゑの木 代表取締役
東京商工会議所足立支部
足立区新ご当地グルメ創造プロジェクト実行委員

プロフィール
・1977年:浅草生まれ浅草育ち。
・1993年:アルバイトとして飲食業界に入門。
・1997年:東急ホテルでフレンチ入門から始まり、
      都内の飲食業を渡り料理修行。
・2001年:包丁1本で渡米、
      East Boy,incにてNJとNYにてchefとして勤務。
・2003年:Hilton hotels JamaicaのRestaurant Japanで
     寿司職人を経験。
・2005年:帰国後、SUNTORY入社しスーパーバイザーとして
      飲食コンサルタントを99店舗遂行。
・2010年:株式會社ゑの木起業。【コンサルタント事業】
・2011年:ゑの木の館【ゑの木れすとらんゑの木小間物屋
      エステティックサロンHackberry】を開店。

賞歴
・武蔵野調理師専門学校の料理コンクール金賞受賞。
・East Boy,incのappetizerコンテスト準優勝
・東京都主催の料理コンクール優秀賞二年連続受賞(第1回、第2回大会)
・足立区主催の創業プランコンテストで奨励賞受賞(飲食業で初受賞)
関連サイト
株式會社 ゑの木 ゑの木の館
ゑの木facebookブログ
写真

2012.09.06 食材活用

0円での販促活動

●販促の費用対効果

 昨今の飲食業界は、販売促進合戦になっていると云っても過言ではないでしょう。
ぐ○○○、〇〇〇○ッパー、など等色々ありますね~。立地条件が良いところや破格の低価格を提示できる資本が潤沢にあるグループなどは費用対効果が見込めるかもしれないですが、どうですか?
3万円かけて、15万円の売り上げになった・・・・。しかしFLコストかけると結果として、純利に繋がっていない個人店なども多いのではないでしょうか?販促活動は投資です。効果がある会社も多々あると思いますので、必ずではないですが、自社の月々の投資を見直してみる事は大切だと思います。

 

●投資資金の重要性

 資産に余裕のある会社は別で、そうでない会社や店も少なくはないと思います。一過性の商売を利に変えられるやり手の方もいらっしゃいますが、息の長い商売を実行している方も多いでしょう。
私は同じ飲食業でも同一ではないと考えています。ファストフード、ファミリーレストラン、高級&カジュアルレストラン、高価格~低価格居酒屋、専門店、バー、定食屋、スナックなどなど各業態があります。居酒屋と言っても、周知のとおり色んな業態があります。一色単には出来ないのに、それら全てが横並びに紹介されている販促活動が投資次第で内容の大きな変化には、疑問を感じざるを得ない状況を踏まえると、自社のブランド力を高める為には、逆効果になる場合もあるのではないでしょうか?

 

●自力の向上

 店舗にとって大切なことは、自社の方向性が大切です。何をしたいか、どうしたいか、などのモットーでありコンセプトを見つめ直すことです。飲食飽和状態の昨今では、類似、酷似、ベンチマークなどと言い流行りを真似し目先の利益に飛びつく方も少なくない。他店をより多く勉強するためのリサーチは大切なことです。しかしアイデンティティを見失ってしまっては本末転倒です。自身の目指す道、開店当時や就職当時、飲食業の扉を叩いた時の気持ちを振り返って見てください。知識や技術は経験とともに広がるので、野望が膨らむことは良いですが、そんな時こそ初志を思いだし、経験を活かした志に変えることが前途もあり素晴らしいです。そうでなく、流行や周囲に流されるだけで、志なく飲食業に携わっている方はそのままの人生で楽しいですか?

私は自身のやりたいことに迷いもありましたし、時々道を見失いかけることもあります。しかし今の生き方を楽しんでいると自信持って言い切れます。そして迷走した時こそ、改めて自身の自社の方向性を見つめ直し、モチベーションを高めます。

弊社は店舗開店1年半でTV7回、新聞&雑誌に9回紹介を頂きました。PRした事も多少はありますが、全て先方からの取材依頼でした。資産が潤沢でない弊社としては0円で販促活動をしてくださり本当に感謝しています。元々メディア関係の大きなパイプがあった訳でもないですし、大きなコネがあった訳でもありません。自分のやりたい目標や夢の為に、成すべき事をやり続けている結果の一つだとも思っています。自身をプロデュースする為にPRのポイントはずらせないが、行動内容は臨機応変に変更も必要です。

未曾有の東日本大震災により、「絆」だけでなく自身の生き方などを見つめ直した方も少なくないでしょう。景気が悪いと一言で言ってしまうと同じであるが、皆がそう思っているかというとそうではない方も実は多いです。低迷している時代に大きな成長や成功をされている方々は、決して「景気悪いから」「政治が悪いから」などと人のせいにしたネガティブ発言はしていません。話をしてみたら必ずポジティブな意見が返ってきますので、是非一歩飛び出して話しを聞く機会を作ってみて下さい。

私はまだ夢実現へ一歩進みかけたばかりで偉そうな事は言えないですが「人の文句を言う暇があれば、自らが動くべき。誰かに任せ負かされる事をする位なら、自分が勝つ行動をするべき。」と自分に言い聞かせています。他人の協力なければ、何もできません、しかし自分も動かないと他人も動いてくれないです。「信念や志」を揺るがさずにやりたい事、やるべき事を迷いながらも突き進むと必ず結果はついて来ます。努力は全てが報われるとは思いませんが、人へ伝えたりPRしたりせずに、黙々とルーティーンワークだけをこなし、努力し続けているが報われないという方は、伝達する事への努力が怠っているのではないでしょうか?販促の話から少し膨らんでしまいましたが、人真似だけではなく、アイデンティティを持ち、前進する事への努力を惜しまない方へは、必ず結果もでるのでしょう。

飲食業に20年しか携わっていませんわたしですが、この業界大好きです。それが個性無くなってしまうのが大変残念に思いますので、それぞれのオリジナリティを発揮した飲食業の新しい夜明けに期待していますし、私もその一人を目指しています。メディアなどに注目されるのが全てでは絶対にありません。ただ0円で販促できたのは、時代と必要性を考慮して、個性を通している店だからとも耳にしました。方向性は各々のかんがえありますし、色んな方法があります。

ここでは弊社の場合における考え方を記述させて頂きました。具体的に質問などある場合は、気軽に声掛けください。
長文ご拝読ありがとうございました。