あなたの店は大丈夫?経費削減への道!

2012.07.11

面倒な事務はプロにまかせ本業に専念!成長をサポートする事務代行サービス特集!

記帳代行.png
 
決算や確定申告に必要な面倒な記帳、毎月の給与計算、労務関係の手続きなど
悩まれている経営者の方多いと思いますが、そのような会社の事務を丸ごと
引き受けてくれるサービスがあるのをご存知ですか?
 
サービスのサポート範囲は会社により様々ですが、決算や確定申告に必要な事務から、給与計算、各種申請手続き等々、その経営者に合ったサービスを活用することで、経営者や事務員の時間確保やコスト削減できるメリットを得るだけなく、正しく正確な決算や労務申告により金融機関の信用やスタッフとの関係強化といった効果があったというケースが多く存在します。
 
逆に、お店の運営に集中するあまり、会計処理や労務関連の事務処理をないがしろにして、資金調達ができなかったり、スタッフに不安を与えてしまうようなこともあり得るのです。
 

「面倒だけど大事な事務作業」は、外部に任せ、経営者は、経営者しかできない飲食店を育てる仕事に集中する!

そんなスタイルを目指す経営者の方へ主な事務・業務代行サービスについて解説します。


 

1.記帳や決算など、経理業務に関係する業務代行

いわゆる「記帳代行サービス」と呼ばれるサービスですが、実際は記帳だけでなく、決算や確定申告まで一つの窓口で行ってくれるサービスが主流なので、経営者は、売上や支払いのデータや領収書などを渡すだけで後は「お任せ」できます。

経理経験者を雇用するよりはるかに安いコストな上、正しい決算をすることで会社の信用を上げ、資金調達もしやすくなるなど成長過程の経営には適しています。


   「単なる代行サービスと、甘く見るなかれ!」

記帳代行サービスは、「申告のプロ」ですから、入力や集計といった作業を代行してくれるだけでなく、融資や経費削減などを見据えた申告をサポートしてくれるのです。事実、成功している飲食店経営者の多くは早い段階から、財務申告業務をアウトソーシング、つまり面倒な申告は任せてしまい経営者は事業に専念しているのです。

 

《融資がしやすく、経営の見える化ができるが難しい月次決算》
毎月の決算を正しくすることで、財務会計や経営の「見える化」ができ、融資を有利にすすめられることをご存知の方が多いと思いますが、それが分かっていながら、日々の記帳をついつい後まわしにしてしまう方も多いのではないでしょうか。一般に飲食店は、メニュー開発、仕入れ、仕込み、調理、接客、販促、人材教育などすべての業務責任が、経営者なり、店長なりに大きく寄りかかるケースが多く、必然的に1日の営業が終わった後には疲労困憊となって、なかなか記帳へ のエネルギーが湧き出しにくくなります。本業に専念しようと思うほど記帳業務はおろそかになり、結果的には、店の経営の実態が見えづらくなり、ひいては経営を悪化させる要因にもなりかねません。

《面倒な日々の記帳や月次決算を、丸ごと任せられるサービス》
こうした悩みを抱える飲食店にとって、ぜひ一度検討してもらいたいのが記帳代行サービスなのです。
記帳代行サービスで月次決算をすることで「経営の見える化」ができ、店の現状をタイムリーに把握することで次の作戦が立て易くなります。また、融資を申請するにあたって、決算書・残高試算表は必ず揃えなければいけない書類であり、それらがすぐに揃えられるのも記帳代行の魅力の一つです。
記帳代行サービスを行う会社は多数存在し、実際そうしたサービスを導入して成果を上げている飲食店も数多いです。一方、サービスを提供する側の企業の特色も 実に様々で、飲食店の記帳に特化したスペシャリストの会社もあれば、多様な業種を手がけることで俯瞰した記帳を強みとする会社もあります。依頼する側の飲食店も1店舗のみの個人店。2~3店舗と店を拡げ、今後の規模の拡大を狙う成長店。一気に出店攻勢をたたみかける勝負真っ只中の店など、それぞれ置かれた背景が違うわけであり、それゆえに自店の特徴に最も合った会社を見つけて経営強化に取り組みたいものです。

《記帳代行サービスを使うメリット》
① 事業に専念できる
 日常の煩わしい記帳業務にとらわれていた時間を本業に専念したい、と思われている経営者様の悩みを解決致します。
② 人件費の削減
 経理の人材を正社員で雇用すると、年間300~500万円程度かかる人件費と比較して、記帳代行サービスを使うと年間20~50万円程度と確実に経費削減が計れます。
③ 安全サポート
 記帳業務のみならず、決算処理まで依頼したいという方には、多くの記帳代行企業には税理士と業務提携を行っておりますので、税務申告書類の作成を行ってくれます。
④ 毎月の業績が把握できる
 月次の決算で毎月の業績をタイムリーに把握できます。
⑤ 融資を受ける際に速やか
 融資を受ける際は、決算書・残高試算表が必ず必要です。


2.給与計算や労務関連の事務代行サービス

経理処理と並んで、大変な事務作業として給与計算や労務関連などの人事・労務に関する業務があります。
人事・労務業務は、単なる給与計算や役所への申請だけでも面倒で大変なものですが、法律に基づいた正しい計算や手続きをしないとスタッフからの信頼を失ったり、労働基準監督署から指導を受けてしまうリスクを抱えます。

つまり単なる給与の計算ではなく、スタッフとどのような雇用契約を結び、トラブルを防ぎ、スタッフのやる気をアップさせるか?
ということが重要で、その労務管理をアウトソーシングするというのは、それら「労務の仕組みを経営者と共に創るパートナー」を得るとも言えるわけです。

ですので、サービスを選ぶ際は、

・経験が豊富で、特にその業界(飲食店)に精通していること
・社会保険労務士と連携していること
・自分の会社と同等規模の会社が主なクライアントであること

を心がけることを奨めます。

人事・労務業務は様々で、会社の規模により異なりますが以下様な業務を代行するサービスが存在します。
  (サポートの範囲は会社により異なります)

<起業時の業務・手続き>
 ■労働保険関係
  ・労働保険(労災・雇用保険)成立届申請手続き
    ・労働保険概算保険料申告書申請手続き
    ・雇用保険の事業所設置申請手続き
    ・雇用保険被保険者資格取得手続き

 ■社会保険関係
  ・健康保険・厚生年金保険の新規適用手続
    ・健康保険・厚生年金保険の被保険者資格取得手続き(※2)

 ■その他起業時の手続き
  ・就業規則作成・届出
    ・別規程作成・届出
    ・36協定作成・届出

<起業後の業務・手続き>
 ■給与計算業務

 ■健康保険・厚生年金・雇用保険の資格取得・喪失管理

  ■健康保険被扶養者届出手続き

  ■健康保険の適用・給付関係手続き(氏名・住所変更、出産一時金・療養費申請等)

  ■産休・育休者の健康保険・雇用保険の適用・給付関係手続き

  ■退職者の雇用保険離職票の交付申請手続き

  ■雇用保険及び労災保険関連申請・届出

  ■労災事故発生時の労働基準監督署への事故報告

  ■社会保険月額変更届作成処理(給与増減時)




	《飲食店に強い!注目の事務・業務代行サービス》
今回は、数ある記帳代行サービスの中から、飲食店に実績が多くあるサービスに注目!
協力いただいた6社を飲食プロネットが取材しました!
 
今回協力いただいたのは
 
 
 
 
 
 
の6社です。
 

“1人分の料金で3人分の役割と価値を提案”㈱サポートケイ

 
sapokrogo.jpg
ひと口に記帳代行サービスと言っても記帳作業のみを請け負う企業から、それに付随する周辺業務もひっくるめて幅広く請け負う企業まで実に様々。「飲食店の経理・労務・財務機能のアウトソーシングによるコスト・労力削減」を掲げ、1人分の料金で3人分の役割と価値を提案するのが㈱サポートケイだ。個人、法人含め、経営者が現場に立つ飲食店にとって会計・経理業務は、可能な限り効率よく処理していきたいもの。そうして軽減させたエネルギーを日々の飲食店業務の顧客満足度向上に注力し、店の魅力を磨いていくことこそが、競合店に勝ち抜いていく何よりの秘策であろう。
 
同社では飲食店・企業の利益向上に全力を注ぐ。スポット業務からフルサポートまで、あらゆる要望に対応する。そして、スピーディーな業務処理という3つのプロミスを掲げている。1つめのプロミスは、顧客が安心して本業に専念できるよう、当事者意識を持ったコンサルティングと効率的な合理化プランを提案するも の。2つめは、「月末の振込業務だけ」「給与計算だけ」といったスポット業務から、数字まわりをすべて引き受けるフルサポートまで幅広く対応するもの。3 つめは、経理業務を一括で引き受けるフルサポートなら、前月の月次決算を5日で納品。これにより経営状況を正確かつリアルタイムに把握することができる。 例えば、同社が力を入れる「極楽プラン」は本部機能も代行するので、人員削減と事務所いらずのダブル(約50%)のコスト削減が望める。問い合わせの返信 も迅速で、また顧客が納得いくまで丁寧に説明し、相互合意のもとに業務を推進していくことを常に心がけている。長く付き合うほど、よりいっそう細かなとこ ろまで目が行き届く心強いまでのサポート企業。それが㈱サポートケイだ。
 
㈱サポートケイ
 

“領収書を丸投げできる、高品質・低価格の記帳代行”㈱アットタックス

 
attotakkusutokushuu.jpg
飲食店専門だからこそかゆい所に手が届く。それが㈱アットタックスの経理・確定申告一括代行サービスだ。同社のシステムの大きな特徴は、領収書を集めて送付するだけの“丸投げ”スタイルにある。飲食店側は領収書を送るだけで、あとは月次試算表、所得(法人)税、消費税申告書作成提出まですべて同社が代行してくれる。これで料金は現在、「飲食プロネット」読者限定特別価格で月額個人1万9800円、法人2万4800円(ともに税込、以下同)。初回のみ別途初期費用3万円がかかる。この金額には決算申告料も含まれており、月額の費用は安いが確定申告の時期に料金が別途かかるといった心配もなく、年間を通しての費用が明確なため安心して記帳代行を依頼することができる。
 
同社の今日までの実績は飲食店で450事業者ほど。当初は個人が6~7割を占めていたが、現在は法人が6~7割と逆転。これは法人からの依頼が増えたこともあるが、個人として依頼を受けた相手がその後、法人成りしたケースも多く、1店舗から多店舗展開するようになって記帳がさらに大変になったからこそ、同社をますます重宝している様子が如実に伺える。飲食店経営者は日々の営業に追われるあまりに、どうしてもこうした記帳事務を後まわしにしてしまいやすい。領収書から丸投げできる同社の記帳スタイルは、そうした飲食店のもう一つの現場の姿を知るからこそ生まれたシステムであり、飲食店経営者の負担をどれだけ軽減してくれるかは想像に難くないだろう。飲食店向けに特化したからこそ実現した、高品質で低価格のサービス。記帳代行を考える飲食店にとって、一度検討してみる価値は十分にあると言えまいか。
 
㈱アットタックス
 

“フランクに分かりやすく、飲食店経営の数字をアドバイス”㈱JIM COMPANY

 
zimurogo.png
1店舗目の店も軌道に乗り、今後の多店舗化を見据えて経理をアウトソーシングする。その手始めとして記帳代行を考えている飲食店も多いのではないだろうか。 だが、何にしても初めての取り組みは何かと不安が付きまとうもの。そうした不安を取り除き、フランクに分かりやすく、飲食店経営の“数字”をアドバイスし てくれるのが㈱JIM COMPANYだ。同社のモットーは「お客様と一緒に進んでいく」こと。そのため、雑談を交えてお客の緊張感をやわらげながら、とかく難しく感じる経営数字を身近なものとして認識させてくれる。こうした柔軟性を持ち合わせているのも同社の代表自らがかつて飲食店を経営していた経歴があり、その体験を通して現場の人の気持ちが手に取るように分かるためである。
 
記帳代行を依頼する飲食店も、数字を1円単位まで細かく突き詰めたいという人もいれば、大まかな数字を把握できていればよいという人もいる。こうした相手の特性に合わせて柔軟に対応していくことで、 依頼主がストレスを感じないですむ記帳代行を実践。難しい専門用語も分かりやすく噛み砕いて使用するなど、「親しみやすくて安心した」との評判を数多く集めている。同社は単なる記帳代行のみに終始するのではなく、基本作業以外のこともいろいろ質問してもらえれば、それらについても親切丁寧に説明。例えば、 助成金について無料で説明してあげるなど、「当社に依頼してもらえれば価格以上のものが得られますよ」と自社の強みをアピールする。記帳は“過去”の仕事、決済業務は“現在”の仕事、そして資金繰りは“未来”の仕事。飲食店経営に不可欠な数字を同社は以上のように捉えており、記帳だけでなく、様々な経営数字の仕事も幅広く請け負っている。「過去・現在・未来のすべての数字に対応します」というのが同社の一番の売り物で、記帳代行をきっかけにさらに多面的に依頼してみるのもまた一つの手段であろう。
 
㈱JIM COMPANY
 

“会計事務所を併設する経営数字のプロフェッショナル”KTAX㈱

 
ketakkusu.jpg
飲食店はオープンして3年以内に3割が閉店の憂き目にあうという。その一番の理由は、計画性のなさ。これは数字を把握できてないことによるもので、勘に頼っ た経営ではいずれ立ちいかなくなってしまう危険性も大きい。そうならないためにも日々の帳簿づけは何にも増して重要となるが、それが分かっていても忙しさ ゆえについつい後まわしにしてしまいやすいもの。しかし、手間も人手も専門知識も必要だからこそ、その道のプロに依頼して本業に専念する時間を捻出すると いう考え方も必要になってくる。そうした声に応え、顧客の立場に立った取り組みで評判を博しているのがKTAX㈱だ。
KTAXokomaritokushuu.jpg
 
 会計事務所を母体とする同社は記帳代行だけに止まらず、経営上の数字全般を健全なものへと導いてくれるプロ中のプロである。記帳代行の月額の基本料金は1万 9800円(税込、以下同)。内容は200仕訳までで、それ以上は別途予算で対応。入金・出金の記録(売上・領収書など)、請求書、預金通帳のコピーなど を用意すると、試算表、元帳、仕訳帳、補助元帳を作成してくれる。嬉しいことに初年度は20%オフで1万5840円となるため、どうしようかと迷っている飲食店は、物は試しに一度依頼してみるのもよいだろう。とはいえ、あくまでも“質”を伴った上での安さである。また、会計事務所を併設しているため、税務顧問契約を締結すれば、融資や会計・税金に関する相談も受けられる。その結果、数字を深く掘り下げてもらえることであやふやな不安も払拭され、健全経営を 推し進めることができるのだ。オープン3年目以降も確実に生き残っていくために、そして数字に厳しいプロフェッショナルな飲食店となるために、記帳の在り方をいま一度見直してみてはいかがだろうか?
 
KTAX㈱
 
 

“優秀な《経理秘書》があなたの店を多方面にサポート!”㈱経理秘書

 
keirirogo.jpg
目の前の業務に忙殺され、なかなか経理業務に着手できないでいるのだが、さりとてまだまだ自分のところで経理担当者を雇うほどの余裕もない。こうした悩みを抱える飲食店は実に多い。このような飲食店に経理業務のアウトソーシングを積極的にすすめているのが㈱経理秘書だ。同社はどのような職種にも対応可能な懐の深さが特徴で、月次、年次、年3等の試算表提出など臨機応変な対応を常に心がけ、そして実践。短納期に対応、お客の要望に十分に応える料金体系が強みである。また、業務は5年以上の中堅会社、会計事務所の経理・総務の経験者が担当するので何かと心強い。
 
基本業務は領収書、請求書の整理とファイリング、会計データの入力。総勘定元帳、補助元帳の作成。月次試算表を原則として翌月15日までに作成・報告。月次8ヵ月目に仮決算を行ない、提携税理士と節税・納税の打ち合わせも実施可能。決算書と税務申告書の作成(提携税理士が担当)など。これらの業務をアウトソーシングすることでどれだけ日々の飲食店業務が軽減されるかは、現場に立つ飲食店経営者が一番身に沁みて理解できるのではないだろうか?記帳代行の他にも、経理に特化したスタッフの派遣、紹介予定、人材紹介が可能で、社会保険労務士による給与計算、社会保険業務も対応してくれる。さらには、経理システム構築、融資後方支援、税務調査対応、振込業務、請求書発行など、飲食店経営を多方面に渡ってサポート。今後は日本人スタッフによる中国の計算センターで の入力を視野に入れるなど、いま以上のスピードアップと効率化を目指している。自店の経営体質強化を図る上において、大いに手助けしてくれる経理のプロ。 社名が表わすとおり、優秀な“経理秘書”を自店の強力なスタッフとして雇われてみるのもよいだろう。
 
㈱経理秘書
 

“ワンストップで全国の飲食店をフォロー!”トステムマネジメントシステムズ㈱

 
tosutemurogo.jpg1989年にトステム㈱(現在は㈱LIXIL)のアウトソーシングカンパニーとして設立して20年強。今日まで約1000社の記帳代行、経理代行、会計業務の支援に携わり、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の全国7ヵ所の営業所を拠点に、幅広いバックアップを行なうのがトステムマネジメントシステムズ㈱ だ。同社は長年の実績をもとに記帳代行サービスを定型・マニュアル化。高品質な記帳代行サービスを「適正価格」で提供する。
tosutemutokushuu1.jpg
 
さらに、会社ごとに異なる経理業務を顧客1社1社の特徴に合わせ、導入前のヒアリングを重要視しながら、サービス開始後のスムーズな経理処理を実現してい る。デジタル化した書類のやりとりなど、忙しい飲食店の負荷を最大限に削減し、月次の資料を早期に提供することで、経営の健全化を力強く後押しする。また、プライバシーマークを取得しており、記帳の処理は自社BPOセンターで行うことで個人情報の安全性を強固に守っている。
 
依頼した飲食店は経理記帳に関する資料を送るだけなので、経理や簿記の知識がなくても安心。また、その際の送料も全額同社が負担してくれるのも大きな魅力だ。契約期間中は担当者が記帳代行に関する質問や疑問に親切丁寧に答えてくれる。
tosutemutokushuuuchiawase.jpg

記帳代行以外にも、給与計算代行、年末調整代行、売掛金管理などのデータ受領型だけでなく、顧客の事務所に出向いての書類整理など訪問型のアウトソーシング も行っている(一部地域除く)。事務処理に関することならワンストップで支援できるネットワークを構築しており、飲食店経営を様々な角度から強力にサポートする。事務仕事に時間を割かれることなく、本来力を注ぐべき店舗運営に集中できるため、顧客からの評判も高い。多店舗展開やフランチャイズの経理処理の面でも数多くの実績を残しており、個人店からチェーン店まですべての飲食店に対応できる懐の深さが何よりの魅力である。

 
トステムマネジメンントシステムズ㈱
 
 
 

《記帳代行基礎解説》

法人も個人も、税務申告や経営状態の把握のためには日々帳簿をつける必要があります。しかし日々のお金の出し入れをきちんと管理して記録していくのは大変なこと。専門知識がなければ処理方法がわからない部分も数多く生じます。手間も人手も専門知識も必要とする経理事務を代行するのが記帳代行サービスです。毎月、領収証、通帳コピー、請求書などをお預りして記帳し、会計帳簿や計算書類を納品。毎月決まった担当者が処理するため、経緯を考慮した納得の対応が可能であり、毎月の節税対策も配慮した処理を行います。経営の状態がリアルタイムに把握できるだけでなく、多くのオプションサービスでは資金繰り表の作成から 銀行振込、コンサルティングまで対応しますので、アクティブな会社経営に役立ちます。まさに社外に経理部署を持つような感覚でご利用いただけます。
kityouhuro.jpg