あなたの飲食店を伸ばす、飲食業界専門の総合ポータルサイト

飲食プロネットについてお問い合わせ

担当ガイド|質問

鬼頭 誠司
(きとう せいじ)

繁盛の小ネタ

儲かるということ

 

信用される者と書いて儲かると読みます。
 
長く商売をする時に最も必要なのがこの「信用」です。
お客様に対する信用、従業員に対する信用、業者さんに対する信用、それぞれに信用を勝ち取って行く事が必要です。
信用を得るまでには長い年月が掛かります。
でも崩れるのは一瞬です。
例えばお客様に対する信用。
いつも安心で安全な美味しいお料理をお値打ちに笑顔で提供し続ける、
告知した営業時間を守り続ける、etc...
いろいろあると思いますが大切なのは決めたことをやり続けるということでしょう。
次に従業員に対する信用。
これは雇用に対する責任を全うし続けるということでしょう。
最後に業者さんに対する信用。
これは約束の期日までに必ずお金を支払うということでしょう。
 
これほど言うのは簡単でやり続けることが難しいものはないでしょうね。
 
最近外食業界においてこの信用を失う事件が幾つか起こっています。
心を痛めるような事件も。
 
こんな時代だからこそ我々外食に携る人々は襟を正さなくてはなりません。
我々飲食店の目的はただ一つ「お客様に喜んでいただくこと」です。
より大きな喜びを創り出すことで信用を勝ち取っていかなくてはならないと思います。
この信用をより多く集めたお店が繁盛店になっていきます。
今一度原点に戻って取り組んで下さいね。

ガイド|鬼頭 誠司 (きとう せいじ)

 

1971年名古屋市生まれ。愛知大学法学部卒業。
大学時代から、居酒屋を経営し始め、12年で20店舗に拡大、年商20億円の会社を作り上げる。
現在は、キューズファクトリーズの社長として、業種問わず幅広くコンサルティングなどを手がける。
日経レストランでは「さすらいの再建人・マサが行く」などで登場。

著書に「飲食店完全バイブル・多店舗化の極意」「飲食店スタッフ養成ドリル」がある。

ページトップへ戻る