あなたの飲食店を伸ばす、飲食業界専門の総合ポータルサイト

飲食プロネットについてお問い合わせ

担当ガイド|質問

喜多川 高延
(きたがわ たかのぶ)

飲食店の法律

営業許可申請について

みなさん、はじめまして。行政書士の喜多川です。

 
これから「飲食店をはじめる・経営していく」というみなさんに、法律・許認可における規制という面から情報提供をしていきたいと思います。
細かい点が各都道府県単位で運用が異なる場合もありますが、参考のひとつにしていただければ幸いです。
まず「飲食店をはじめよう」というみなさんが思い浮かべる準備はどのようなものでしょう?
 
・どこにお店を作るか
・お店の外観はどうしようか
・どのような料理を提供しようか
・材料は誰から仕入れるか。
・広告、宣伝はどうしよう
 
最初は考えることも多いですが、一番楽しい時期かもしれません。
この時期に同じく考えていただきたいのが、法律・許認可の面からの準備です。
飲食店を営むには、食品営業許可が必要です。
飲食店や食品の製造は、やりたい人が好き勝手にできるものではありません。
食品衛生法や各都道府県の条例で定められた営業許可が必要です。
この許可を取得するためには、予め定められている施設の基準にあう施設をつくり、
衛生的な管理運営をするために食品衛生責任者を置くなどの準備をしなければなりません。
食品営業許可を取得するまでの手続きを説明します。
 
1 事前に準備をしましょう
食品営業許可申請をするには、事前準備が必要です。
 
(1)食品衛生責任者
営業施設ごとに食品衛生責任者を必ず置かなければなりません。
次の資格をお持ちの方は、食品衛生責任者になれます。
・医師
・歯科医師
・薬剤師
・獣医師
・栄養士
・管理栄養士
・調理師
・製菓衛生士
・食鳥処理衛生管理者
・食品衛生管理者
 
なお、資格をお持ちでなくても、保健所などが開催する食品衛生責任者養成講習を受講すれば、食品衛生責任者になれます。全国標準化により、平成9年4月1日以降の
養成講習会終了証書は全国どこでも使用可能です。
営業許可申請をする際に届け出る必要がありますので、あらかじめ取得しておきましょう。
 
(2)水質検査
調理場など営業施設で使う水が、貯水槽使用水(タンク水)、受水槽や井戸水を使用する場合は、水質検査成績表が必要です。
こちらも営業許可申請の際に提出する必要があります。賃貸ビルであれば、大家さんの協力が必要な場合もありますので、早めに準備しておきましょう。
 
2 保健所に事前相談に行きましょう
営業許可を取得するためには、調理師や食品衛生責任者といったソフト面だけでなく、
ハード面も準備をする必要があります。
つまり、定められた施設基準に合致した施設を造る必要があります。
都道府県により基準が異なる部分もありますので、お店の設計段階からあらかじめ確認をしましょう。
営業施設の基準には大きく分けて2つの基準があります。
(1)共通基準
共通基準は、食品に関する営業の全ての業種に必要な施設基準です。
これは営業施設の場所、建物の構造や面積、床・内壁・天井といった内装、換気、ネズミや昆虫などの防除設備、原材料や食品器具など洗う設備、従業者専用の手洗い・消毒設備、清潔な更衣室などを作業場外に設けるなどの基準があります。
(2)特定基準
特定基準は、飲食店営業、菓子製造業、食肉処理業や魚介類販売業など、業種ごとに定められている施設基準です。
飲食店であれば、客室・客席に換気設備を設けることや照明の明るさの下限が決められています。また客用のトイレも必要で、さらにそのトイレの設置場所についても調理場に影響がない位置および構造であることなどの基準があります。
ちなみに乳類販売業であれば、冷蔵設備はもちろん、製品と汚染空瓶用の運搬器具を別個に備える、空瓶置場を設けるといった基準があります。
 
3 営業許可申請をしましょう
食品営業許可申請は、営業所を所管する保健所に対して行います。
許可に必要な書類などは次のとおりです。
(1)営業許可申請書
申請者、営業所の名称・所在地、食品衛生責任者などを記載します
(2)営業施設の大要・配置図
営業施設の大要は、各業種に定められている基準を満たしているか確認するものです。飲食店の場合は、施設の建築構造や調理場・客席の面積、作業場は内装・防虫・換気・照明・給排水・手洗・冷蔵・格納・廃棄物処理など、客席には換気・照明などについて記載して提出します。
配置図は、営業施設内における調理場・客席・更衣室・洗面所などの位置関係、棚・作業台・冷蔵庫といった設備の配置などを寸法も含め記載したものです。要件さえ満たせば設計図などでもよいでしょう。
営業施設の大要と配置図を合わせて基準を満たしているか判断されます。
(3)食品衛生責任者の資格を証明するもの
 
また必要に応じて次の書類を追加します。
(4)申請者が法人である場合は登記簿謄本
登記所で取得できます(窓口だと1通700円)。なお現在は、登記の情報はコンピューター化されていますので、履歴事項全部証明書というものになります。
(5)水質検査成績表
貯水槽使用水(タンク水)、受水槽や井戸水を使用する場合
(6)営業許可手数料 1万6000円程度
 
4 営業施設の確認審査を受けましょう
営業施設が基準に適合しているか確認するために、保健所の担当者が実際に来て実地調査が行われます。工事の進行状況を考えながら、あらかじめ検査の日時などを相談しておきましょう。
基準に適合しない場合は許可がでません。検査の際に不適と指摘された場合は改めて検査の日時を決めて再検査を受けましょう。
 
5 許可証の交付を受けましょう
基準に適合する営業施設を造り、水質検査も受け、食品衛生責任者がいても、営業許可証が交付されるまで営業はできません。営業施設の確認検査後、許可証交付までに数日かかるので、開店予定日も考えて検査の日程も調整しましょう。
 
6 営業を開始しましょう
営業許可証を受け取ったら営業開始です。
受け取った営業許可証と食品衛生責任者の名札は、営業施設の見やすい場所に掲示しましょう。なお食品衛生責任者の名札は、1辺が20センチメートル以上、他辺が10センチ以上の長方形と定められています。
 
7 最後に
飲食店であっても、飲食店営業許可だけで営業できない場合があります。客室・客席が特に暗い場合、従業員が接待する場合などは別途風俗営業の許可が必要となります。
また酒類を午前0時過ぎに提供する場合は、深夜酒類提供飲食店の届出が必要となる場合もあります。みなさんの営業しようとしている飲食店がどのような営業をするのか、しっかり考えた上で準備を進めましょう。
 
 
いかがだったでしょうか?
なお今後取り上げてほしいテーマやご質問があれば、参考にさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。
では次回の配信までSEE YOU!

ガイド|喜多川 高延 (きたがわ たかのぶ)

楠・岩崎法律事務所
行政書士喜多川高延事務所

ページトップへ戻る